御朱印帳を持ってお寺巡りをしてみよう

朱印帳を持ってお寺巡りをしてみよう

御朱印(ごしゅいん)とは

朱印は、主に神社や寺院において、参拝者向けに押印される印章、およびその印影のこと。
敬称として御朱印とも呼ばれる。
朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳と呼びます。

知っておくべきこと(決まりやマナーも含む)

・スタンプラリーの様な感覚でいただくべきではなく、参拝を主とし記録として頂戴するという気持ちを忘れずに。
・全ての寺社で行われているわけでないため、いただけない寺社も存在する。
・寺社によりちがうが、一般的には300円の御布施を収めることで御朱印をいただくことができる
・御朱印は寺社名が入っていることから、お札同様に粗末に扱うべきではない。
・御朱印の愛好家が増えてきているが、利益目的とするべきでない。

私が御朱印をいただきはじめた理由

ある日、テレビを見ていると、御朱印帳を持ってお寺をめぐる人がいることを知りました。
私は、元々お寺にいくことが好きでして、いろいろなお寺をまわり歴史や文化を知りたいと思っていました。
それならばと思い、その訪れたことを形に残し、どこかで話などできたらなあと思い始めました。

私がお寺に行く理由

私の祖母は生前、仏壇具店に勤めておりました。
そのため、お寺に関する話をよくしてもらったり、作法等もよく教えられたりしていました。

それが影響したのか、お寺にいくととても落ち着き、心が穏やかになり、
忙しい現代社会で疲れた気持ちをリセットできる気がしています。

また、お寺にはそれぞれ歴史があり、それを知り、歴史を伝えたり、自分の成長につなげたいという思いもあります。

私のご朱印帳画像

ちなみに御朱印帳は、中尊寺で購入しました。

まとめ

お寺が好きという方は、結構いるのではないかと思っています。
お寺で身も心も清め、その訪れた歴史を御朱印帳におさめるというのもなかなか良いですよね。
興味がある方は、初めてみてはと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする