新築を考えている方は必見!我が家の防犯対策!

新築を考えている方は必見!我が家の防犯対策!

新築をする際には、部屋の間取りや耐震対策などなどいろいろ悩みます。

やっと完成してから気づくのが、防犯対策。

いい家に住んでも、泥棒に入られたらたまったものではありません。

また、いたずら好きな子供にいたずらされないような、対策もしたいですね。

そこで、我が家の防犯対策を紹介します。

人感センサーのライト

泥棒は、夜暗いうちに見つからないように侵入しようとすることが多いです。

そこで、新築の設計段階で、家の外周で陰になりそうな部分については、

人感センサーのライトを設置しました。

侵入しようとしたときに、明かりがついては、びっくりして大概はやめてくれるでしょう。

そう思うことで、住んでいる家主も少しの安心を買えると思っています。

また、夜に作業をしたい時にも、ライトが照らしてくれるので便利という利便性もあります。

インターホンでの自動録画

これも新築の設計段階で、選ぶべきものと思います。

わが家についているものは、ピンポンを押したタイミングで数秒自動録画をするものです。

泥棒の中には、インターホンを押していないことを確認して侵入するものも多いようです。

もし、被害にあった際の証拠となりますので、是非つけておいたほうが良いと思います。

また、宅急便であったり家族であったり、誰が来たかが分かるので、便利ですよ。

フェンス(扉付き)

これも新築の設計段階で、選ぶべきものと思います。

外構工事の一環としてやるものとなります。

フェンスがあるとここから先は、私の土地というのがはっきりしますので、

いわゆるグレーゾーンが無いので、侵入者や隣人とのトラブル防止につながると思います。

また、扉もつけることで、扉を開けて入るという、行動が明白になるので、

子供であれば注意ができますし、侵入者であれば危険を察知することができます。

当然我が家では、扉を付けています。

開けてくる人がいれば、すぐに問いただせるように。

防犯砂利

これは、建てた後にでも、できる対策となります。

防犯砂利とは、踏むとジャリジャリと音が鳴り、泥棒たちがこっそり作業することを防止できます。

この音を嫌がって帰ることも期待できますし、音が聞こえたら察知することもできます。

ホームセンターで10kg 2,000 ~ 3,000円ぐらいで見かけますので、気になる場所から少しずつ始めることができます。

私の場合は、窓が大きいリビングの前に防犯砂利を撒いています。

家の全体を撒くとなると、結構な金額になりそうなので、少しずつ範囲を広げている最中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする