【クラウド】IaaS、PaaS、SaaSの違い

【クラウド】IaaS、PaaS、SaaSの違い

クラウドとは

クラウドとは、インターネットを通じて提供される、各種サービスのこと。
反対を示す言葉が、オンプレミス。
クラウドはオンプレミスと違って、自分で環境をそろえる必要がないことが特徴。
提供されるサービスは、アプリケーション、開発環境、サーバだったり多岐に渡ります。
これらの提供されているサービスのことを、クラウドと呼ぶことが多いです。

クラウドの代表的な3サービス

クラウドの代表的な3サービスを下記にまとめます。

形態 正式名 概要
SaaS(サース) Software as a Service クラウド上でソフトウェアだったサービスを提供
PaaS(パース) Platform as a Service クラウド上で開発環境を提供
IaaS(イァース) Infrastructure as a Service クラウド上で機材、ネットワークなどのインフラ環境を提供

SaaSとは

SaaSとは、「Software as a Service」の略語です。
つまり、ソフトウェアを提供するサービスを指します。
これまでパッケージ製品を、パソコンにインストールして使っていたサービスを、
インターネット上で実現させるということになります。

SaaSのメリット・特徴

実現したいことが明確であり、合致したサービス(SaaS)があるとすれば、すぐに始めることができます。
代表的なSaaSの利用例として挙げられるのは、メール機能です。
後からの追加要望がでないような機能については、SaaSの利用は最良の選択と言えます。
逆に、後から何かと連携したいというような追加要望の可能性がある場合は、
拡張性に乏しいため選択しない方が良いです。

次のような利点もあります。
・PC以外の 端末(スマートフォン、タブレット)でも利用できる
・データをクラウド(インターネット)上に保存できる

代表的なSaaSとして、下記のようなサービスが挙げられます。

・Gmail、Yahoo!メールなどのメールサービス
・Ameba、FC2等のブログサービス

PaaSとは

PaaSとは、「Platform as a Service」の略語です。
つまり、プラットフォームを提供するサービスを指します。
プラットフォームとは、目的のモノを動かす為の動作環境をイメージされていただければと思います。
動作環境を、インターネット上で実現させるということになります。

PaaSのメリット・特徴

面倒なインフラ準備と開発環境(ソフトや初期設定)を行う必要が無いため、すぐに開発を始めることができます。
また、インフラ(機器)を用意する必要が無いため初期コストがかかりません。
さらに、堅牢な場所でデータを管理している為、災害等のリスクも低くなります。

代表的なPaaSとして、下記のようなサービスが挙げられます。

・Microsoft Azure
・Google App Engine
・Amazon Web Server

デメリットを挙げるとすれば、自由度がオンプレミスと比べると低くなる可能性が高いこと。
あとは、インターネット上で開発となるため、情報漏えいなどのセキュリティ不安が挙げられると思います。
大手サービスであれば、堅牢なセキュリティとなっていると思いますが、ネットワーク越しの為、リスクは0ではないということになります。

IaaSとは

IaaSとは、「Infrastructure as a Service」の略語です。
つまり、インフラを提供するサービスを指します。
ITにおけるインフラとは、サーバーやパソコンやネットワーク等のハードウェア、
及びOSやデータベースなどのミドルウェアをイメージされていただければと思います。

IaaSの利点・特徴

インフラ機器を買う必要が無いため、すぐにインフラ環境を構築しはじめることができます。
サーバやパソコンを提供してもらうこととほぼ変わりませんので、SaaSやPaaSと違い、自由度が高い使い方ができます。
故に、使いこなすには専門的な知識が必要になります。

代表的なIaaSとして、下記のようなサービスが挙げられます。
・Google Compute Engine
・Enter prise cloud 2.0

SaaS,PaaS,IaaSが提供する要素

IaaS PaaS SaaS
アプリケーション × ×
ミドルウェア ×
OS
ハードウェア
ネットワーク

まとめ

IaaS、PaaS、SaaSの違いは、提供するサービスの要素の幅ということになります。

IaaSはインフラ(機器)を提供、PaaSは開発環境を提供、SaaSは決められた機能を提供します。
サーバから何から1から作るならば、IaaSが必要ですし、
特定の機能のみを実現したいならばSaaSで充分ということ。

IaaS、PaaS、SaaSといったクラウドサービスを使うことで、初期コストが抑えられ、災害対策にもなる。
ただし、ネットワーク越しのサービスの為、ネットワークが無いと使えないし、セキュリティリスクは0ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする