【企業向け】オンプレミスvsクラウド メリットなどを比較

【企業向け】オンプレミスvsクラウド メリットなどを比較

オンプレミスとは

オンプレミスとは、情報システムのハードウェアを購入/設置し、主体的に管理する運用形態のこと。

自社運用型とも呼ばれる。

一昔前までは、サーバを購入/設置するやり方が主であり、オンプレミスという言葉は聞かれなかった。

2000年代から、クラウド型が普及し始めたため、運用形態を区別するための言葉として用いられるようになった。

クラウドとは

クラウドとは、ハードウェアを持たず、インターネットなどのネットワークを経由して、

コンピュータ資源を利用する運用形態のこと。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスには 大きく分けて、SaaS/PaaS/IaaSといった3種類があります。

形態 正式名 概要
SaaS(サース) Software as a Service クラウド上でソフトウェアだったサービスを提供
PaaS(パース) Platform as a Service クラウド上で開発環境を提供
IaaS(イァース) Infrastructure as a Service クラウド上で機材、ネットワークなどのインフラ環境を提供

SaaS=一般ユーザ向け
PaaS=開発者向け
IaaS=インフラ担当者向け
のクラウドサービスとなります。

詳細については、下記関連記事にまとめています。
関連記事 IaaS、PaaS、SaaSの違い

オンプレミスvsクラウド

オンプレミスとクラウドの比較を行ってみる。

オンプレミス クラウド
イニシャルコスト(初期費用) サーバやソフトウェアやネットワーク機器の購入が必要なため非常に高額 初期費用がほぼかからないことが多い。
ランニングコスト(維持費) サポート費用等はかかるが他はかからない。 利用期間は一定のサービス利用料金が継続してかかる。
導入までのスピード 機材の発注、環境構築で多くの時間を必要とする。 登録手続きのみのため、すぐに導入することができる。
拡張性 機材等がモノとしてあるため、拡張性に優れる。 クラウドは提供されたモノを使う為、制限がでてくる。
社内システムとの連携 モノの掌握、システムのノウハウがあるため、連携・統合がしやすい。 連携できるかどうかは、サービス提供元による。できないものはできないという考え。
ネットワークセキュリティ 自社内の閉じたネットワークで使う場合とても安全< ;/td>

セキュリティは万全と謳われても、ネットワーク上にデータがあるので、危険が0では無い。
災害時 データ消失の可能性が高い。 データ消失の可能性が低い。堅牢なデータセンター等に保管されている為。
システム障害時 ベンダとサポート契約を結んでいれば問題無い。 復旧対応はクラウド事業者にまかせることになる。

システムをクラウド移行するメリットとは

①初期コストを抑えることができる。

②導入までの時間がとてもスピーディ。

③モノ(場所や電源機器 等)の管理をする必要が無い。

④災害時のデータ消失に備えることができる。

⑤災害時のサービス継続をすることができる。

システムをクラウド移行するデメリットとは

①拡張性に乏しい場合がある。

②既存社内システムとの連携が難しい。

③ネットワーク上にデータがあることに対してのセキュリティ面にやや不安が残る。

④障害時は、サービス提供元にすべてを委ねるしかない。

システムをクラウド移行する際の検討事項

まず、導入時の費用は抑えることができるが、5年間のランニングコストを算出したときに、

どちらが割高なのかをおさえておく必要があります。

クラウド=ネットワーク上 のモノとやりとりをすることになるので、通信スピードは必ず遅くなります。

例えばファイルサーバをクラウドに移行となると、ネットワーク負荷はすさまじいものになります。

通信量が多いシステムは、本当にクラウドに移行するかを検討する必要があります。

それと、クラウドサービス障害時に、代替策があるかの確認も必要です。

最後に、本当にシステム要件が満たせるのかを把握することが大事です。

あとから、これができない。これと連携したかった等ならないよう、要件定義をしっかり行う必要があります。

まとめ

オンプレミスとクラウド、どちらがいいかというのは一概には言えません。

オンプレミスに向いているシステ ムもあれば、クラウドに向いているシステムもあります。

例えば、社内用ファイルサーバーは、容量が多いので、オンプレミスに向いていますが、クラウドには向いていません。

社内用ポータルサイト(Webサーバ)なんかは、容量が少ないのでクラウドに向いています。

向いている向いていないは、容量に限ったものではありません。

コスト、セキュリティ、拡張性などをトータルで見て、選択していく必要があります。

2011年の大きな災害以来、事業継続の在り方も見直されていると思います。

クラウドは災害にとても強いです。

私の意見となりますが、災害対策に重きを置き、選択していくことも大事なのではと考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする