RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?ロボットによる業務の効率化・自動化

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?ロボットによる業務の効率化・自動化

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

ロボットによる、業務の効率化・自動化の取組みを表す言葉。

人間の代わりとなって、業務を行うことができることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれている。

ロボットと言っても、実体があるわけではない。

ソフトウェア(ソフトウェアロボット)として、人間がPC内で行う操作を、代行して行うイメージと捉えていただきたい。

RPA(ロボット)による業務の効率化・自動化

近年、RPA(ロボット)による業務の効率化・自動化が注目されている。

RPAでどんな業務を効率化・自動化するべきかというと、定型的なPC操作、繰り返し行うPC操作である。

人間が行わなくてもいいような、機械的な操作をRPAに置き換えることで、

「人件費を抑えること」ができ、さらには「人間ならではの人的ミスが無くなる」ことが期待できる。

RPA(ロボット)に置き換える具体例として

RPA(ロボット)の具体例としては、例えば、

「毎日、決まった時間に決まったwebページを開き、決まった場所にデータをダウンロードする」

こういった、定型的な業務はRPAに置き換えることができる。

RPAに置き換えることで、ずれがなく決まった時間に、決まったwebページの、決まった場所にデータをミスなくダウンロードすることができる。

人間がやるとすれば、操作を忘れていたり、操作ミスがあったり、ページ表示・ダウンロード時の無駄な待機時間等が発生してしまう。

一日単位で見れば、大したことが無いかもしれないが、一年、二年、三年と見ていくと人件費だけでも相当なプラスになると考える。

RPA(ロボット)を導入するには

< div>基本的には、PC1台と、RPAのソフト(パッケージ)を購入するだけで良い。
自動化したい操作については、初めはプロにお願いすることが望ましい。

RPAのUI(ユーザインタフェース)は、一般ユーザに使いやすい様に作られてきているようで、複雑なプログラム構築の必要が無くなってきているようなので、

導入後は、RPAのプロフェッショナルを育成し、社内展開することが望ましい。

RPAのプロフェッショナルは、社内の自動化出来る部分を見つけ、自動化RPAを設計・構築する。

この体制が整えば、会社全体の効率化が図れると私は考える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする