会社でグーグル関連の機能を利用すると何かしら不具合が起きる可能性がある

会社でグーグル関連の機能を利用すると何かしら不具合が起きる可能性がある

Google Apps関連で起きた事例

Google AppsのGoogleサイトで、サイトを作成していたのだが、

添付ファイル(Excel)がchrome上で見れなくなったり、ファイルの追加ができなくなったり、ファイルのフォルダ移動ができなくなったり、

様々な事象が急に起きるということが多々ある。

これは、google側で何かしらのchrome上のアップデートをかけたことが起因していた。

ユーザからすると、いつアップデートするというところが分からないため、急にトラブルが発生し業務に影響を与える可能性がある。

全世界におけるgoogleゆえに

トラブル発生時は、代理店を経由して、障害報告、解決策のやり取りをするのだが、故に作業状況がなかなか見えず、復旧予定時間の報告がしずらい。

大体のパターンとしては、気づいたら直っていて、その後、「代理店から直りました」と連絡がくることになる。

google連携した他社サービスにも注意が必要

googleの仕様変更は本当にいきなり行われる。

google連携した他社サービスが影響を受けるということもしばしば。

直近だと、googleのカレンダー機能と連携した、他社サービスで不具合発生した。

このように、googleの仕様変更により、googleと連携したサービスが、いきなり使えなくなるということが現実的に起きている。

最も気になること

IT社会が進む昨今、さまざまなシステムを導入するに当たり、シングルサインオンが求められる。

このシングルサインオンの中にgoogleの認証情報(G suite等)を使ってというシステムが増えてきているのだが、

これを導入して、googleの仕様変更で動かなくなるということがありえそうで怖いと最近感じている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする