【Microsoft Excel】 ROUNDDOWN関数 使い方 詳しく解説 図解

【Microsoft Excel】 ROUNDDOWN関数 使い方 詳しく解説 図解

ROUNDDOWN関数とは

ROUNDDOWN 関数は、数値を指定された桁数で切り捨てます。

ROUNDDOWN関数の書式

ROUNDDOWN(数値、桁数)

“数値”:必ず指定。切り捨ての対象となる実数値を指定します。
“桁数”:必ず指定。”数値”を切り上げた結果の桁数を指定します。

ROUNDDOWN関数の使い方 解説

①”桁数”に正の数を指定すると、小数点以下について、指定した桁数の右側が切り捨てられます。

A1の値が1234.5678の時、

「=ROUNDDOWN(A1,1)」の結果は、1234.5
「=ROUNDDOWN(A1,2)」の結果は、1234.56
「=ROUNDDOWN(A1,3)」の結果は、1234.567

となります。
小数点以下を何桁残すかと考えると考えやすいでしょう。

②”桁数”に0を指定すると、数値は最も近い整数として切り捨てられます。

A1の値が1234.5678の時、

「=ROUNDDOWN(A1,0)」の結果は、1234

となります。

③”桁数”に負の数を指定すると、数値の小数点の左側が切り捨てられます。

A1の値が1234.5678の時、

「=ROUNDDOWN(A1,-1)」の結果は、1230
「=ROUNDDOWN(A1,-2)」の結果は、1200
「=ROUNDDOWN(A1,-3)」の結果は、1000

となります。
“桁数”に負の数を指定すると整数となり、指定した桁が切り捨ての対象になると考えるとよいでしょう。

ROUNDDOWN関数の使用例

例1)A1の値を、小数点第1位を切り捨てる。
A1の値が1234.5678の時

数式: =ROUNDDOWN(A1,1)
結果: 1234.5

例2)A1の値を、小数点第1位を切り捨てる。
A1の値が-1234.5678の時

数式: =ROUNDDOWN(A1,1)
結果: -1234.5

例3)A1の値を、小数点第2位を切り捨てる。
A1の値が1234.5678の時

数式: =ROUNDDOWN(A1,2)
結果: 1234.56

例4)A1の値を、整数として切り捨てる。
A1の値が1234.5678の時

数式: =ROUNDDOWN(A1,0)
結果: 1234

ROUNDDOWN関数の用途

値を切り捨てたいときに使います。
桁数の指定の仕方さえ覚えておけば特に難しいことはないと思います。

ROUNDDOWN関数使用時の注意点

切り捨てするタイミングを間違えないことが大切です。
合計値を切り捨てするのか、切り捨てしてから合計を出すのか、値に大きく差が出るので意識して計算式を作成しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする