LDAP(Lightweight Directory Access Protocol) 知っておきたいIT用語

LDAP(Lightweight Directory Access Protocol) 知っておきたいIT用語

このページは以下の構成となっております。
・「LDAP」とは
・LDAPを実装した主なソフトウェア
・「Active Directory」とは
・「OpenLDAP」とは
・「ディレクトリサービス」とは

「LDAP」とは

Lightweight Directory Access Protocol(ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル)は、
ディレクトリサービスと連携する為の通信プロトコルの1つ。
LDAP=エルダップと呼ぶ。

LDAPを実装した主なソフトウェア

・「Active Directory」= Windows Serverで使われている。Microsoft社。
・「OpenLDAP」=UNIX系OSで広く使われている。オープンソース。

「Active Directory」とは

「Active Directory」とは、Windows Serverの機能の一つで、
管理するネットワーク上に存在する様々な資源やその利用者の情報や権限などを一元管理することができるもの。

「OpenLDAP」とは

「OpenLDAP」とはLDAPを用いたオープンソース実装。
LDAP Ver.3に準拠し、SASL認証対応や、複数LDAPサーバー間でのレプリケーションなどの機能を持つ。

「ディレクトリサービス」とは

ディレクトリサービスとは、ネットワークを利用するユーザ名やマシン名などの情報を管理し、
そのユーザ名やマシン名をキーとし、関連する情報を取得するためのサービスです。

ディレクトリサービスで最もポピュラーなのが、DNS(Domain Name Syetem)だと思います。
DNSの場合は、ドメイン名とアドレス等を管理し、ドメイン名をキーとして、アドレスを取得します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする