【Microsoft Excel】 LOOKUP関数 使い方 詳しく解説 図解

【Microsoft Excel】 LOOKUP関数 使い方 詳しく解説 図解

LOOKUP関数とは

LOOKUP 関数は、1つの行または列から、他の行または列の同じ場所にある値を見つけるときは、検索/行列関数の1つであるLOOKUPを使います。
LOOKUP 関数には、ベクトル形式と配列形式の2種類の使い方があります。

LOOKUP関数(ベクトル形式)の書式

LOOKUP(検査値, 検査範囲, [対応範囲])
ベクトル形式の LOOKUP 関数は、1行または1列のみのセル範囲で値を検索し、値が見つかると、範囲の次の行または列の同じ位置にある値を返します。

“検索値”:必須。LOOKUP が最初のベクトルで検索する値。検査値には、数値、文字列、論理値、または値を参照する名前やセル参照を指定できます。
“検査範囲”:必須。1行または1列のみの範囲を指定します。検査範囲には、文字列、数値、または論理値を指定できます。
“対応範囲”:省略可。1行または1列のみの範囲を指定します。対応範囲は検査範囲と同じサイズでなければならない。

LOOKUP関数(ベクトル形式)の使い方 解説

①検査範囲をB3~B7とし、対応範囲をC3~C7とする。検索値を3とする。下図1参照。

数式: =LOOKUP(3,B3:B7,C3:C7)
結果: hogehogeEX

検索範囲から3を検索し見つけた行(何番目か)の位置を導き、検査範囲で同じ位置にある値を返す。

下図1

LOOKUP関数(配列形式)について

VLOOKUP関数、HLOOKUP関数を使用するべきなので、ここでは説明致しません。

LOOKUP関数の用途

VLOOKUP関数、HLOOKUP関数を使用した方が良いため、用途はほぼ無いと言えます。

LOOKUP関数使用時の注意点

・LOOKUP関数では、検査値が見つからない場合、検査範囲内で検査値以下の最大値が、一致する値として使用されます。
・検査値が検査範囲に含まれる最小値よりも小さい場合は、LOOKUP では、エラー値”#N/A”が返されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする