【Microsoft Excel】 HLOOKUP関数 使い方 詳しく解説 図解

【Microsoft Excel】HLOOKUP関数 使い方 詳しく解説 図解

HLOOKUP関数とは

HLOOKUP 関数は、テーブルの上端行または配列内の特定の値を検索し、テーブルまたは配列内の指定した行から同じ列の値を返します。
HLOOKUP 関数は、比較する値がデータテーブルの上端行にあり、指定した行数分だけ下を参照する場合に使用します。
比較する値が検索データの左側の列にある場合は、VLOOKUP 関数を使用してください。

HLOOKUP関数の書式

HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, [検索の型])

“検索値”:必須。テーブルの上端行で検索する値を指定します。検索値には、値、参照、または文字列を指定できます。
“範囲”:必須。データを検索する情報のテーブルです。セル範囲への参照またはセル範囲名を使用します。
“行番号”:必須。一致する値を返す、範囲内の行番号。行番号に1を指定すると、範囲の最初の行の値が返され、行番号に2を指定すると、範囲の2番目の行の値が返され、以降同様に処理されます。
行番号が1より小さい場合、エラー値”#VALUE!”が返され、行番号が範囲の行数より大きい場合は、エラー値”#REF!”が返されます。
“検索の型”:省略可。HLOOKUP を使用して検索値と完全に一致する値だけを検索するか、その近似値を含めて検索するかを指定する論理値です。
TRUEを指定もしくは省略した場合、近似値が返されます。完全に一致する値が見つからない場合は、検索値未満の最大値が使用されます。
FALSEを指定した場合、HLOOKUPでは完全に一致する値が検索されます。完全に一致する値が見つからない場合は、エラー値”#N/A”が返されます。
※TRUE=1,FALSE=0の意味

HLOOKUP関数の使い方 解説

①範囲をB2~D7とする。検索値をF3(品名)とし、行番号を3とする。検索の型は0(完全一致)。下図1参照。

数式: =HLOOKUP(F3,B2:D7,3,0)
結果: hogehoge2nd

この場合、データテーブル”B2~D7″の上端行にあたる”B2~D2″を検索対象とし、F3の値”品名”を検索します。
検索で一致した列にて、指定した行番号”3″にある値を返します。
つまり、C2の列がヒットし、その3行目である、C4のセルの値の”hogehoge2nd”が取得されます。

②範囲をB2~D7とする。検索値をF3(品名)とし、行番号を4とする。検索の型は0(完全一致)。下図1参照。

数式: =HLOOKUP(F3,B2:D7,4,0)
結果: hogehogeEX

この場合、①と検索値、範囲は同じで、行番号だけ違います。
つまり、C2の列がヒットし、その4行目である、C5のセルの値の”hogehogeEX”が取得されます。

③範囲をB2~D7とする。検索値をF4(数量)とし、行番号を4とする。検索の型は0(完全一致)。下図1参照。

数式: =HLOOKUP(F4,B2:D7,4,0)
結果: 30

この場合、②と範囲、行番号は同じで、検索値だけ違います。
D2の列がヒットし、その4行目である、D5のセルの値の”30″が取得されます。

下図1

HLOOKUP関数の用途

検索対象のセルが一行に並んでいるリストから、値を検索するときに重宝します。
検索対象のセルが一列に並んでいるリストから、値を検索したいときは、VLOOKUP関数を使います。

HLOOKUP関数使用時の注意点

・検索するのは、範囲の一番上の行ということを意識しましょう。
・検索値を”0″の完全一致にしない場合、予期せぬ値が取得されることを意識しましょう。
検索の型に”1″を指定し、検索値が見つからない場合は、検索値未満で最も大きい値が使用されます。
・検索値が範囲の上端行の最小値より小さい場合、エラー値”#N/A”が返されます。
・検索の型が”0″で検索値が文字列の場合、検索値で疑問符 (?) またはアスタリスク (*) をワイルドカード文字として使用できます。ワイルドカード文字の疑問符は任意の 1 文字を表し、アスタリスクは1文字以上の任意の文字列を表します。
ワイルドカード文字ではなく、通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索する場合は、その文字の前に半角のチルダ(~)を付けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする