CHOOSE関数 使い方 詳しく解説 図解

CHOOSE関数 使い方 詳しく解説 図解

CHOOSE関数とは

CHOOSE 関数は、インデックスを使用して、リストから値を返します。
CHOOSE 関数を使用すると、インデックス番号に基づいて最大254個の値から1つを選択することができます。

CHOOSE関数の書式

CHOOSE(インデックス, 値 1, [値 2], …)

“インデックス”:必須。どの値引数が選択されるかを指定します。インデックスには1~254の数値または1~254の数値を返す数式またはセル参照を指定します。
“値 1, 値 2, …”:必須。1~254個の値引数を指定します。CHOOSE 関数はこれらの引数からインデックスに基づいて 1 つの値または実行する動作を選択します。引数には、数値、セル参照、定義名、数式、関数、または文字列を指定できます。
“値 2, … , 値 254″:省略可。1~254個の値引数を指定します。CHOOSE 関数はこれらの引数からインデックスに基づいて 1 つの値または実行する動作を選択します。引数には、数値、セル参照、定義名、数式、関数、または文字列を指定できます。

CHOOSE関数の使い方 解説

①B3~B7のセルの3番目の値を取得する。下図1参照。

数式: =CHOOSE(3,B3,B4,B5,B6,B7)
結果: 300

②C3~C7のセルの4番目の値を取得する。下図1参照。

数式: =CHOOSE(4,C3,C4,C5,C6,C7)
結果: hogehogeSUPER

③B11~B17のセルの2番目の値を取得する。下図1参照。

数式: =CHOOSE(2,B11,B12,B13,B14,B15,B16,B17)
結果: 月曜日

CHOOSE関数の用途

リストの中から指定した位置の値を取り出したいときに使います。

CHOOSE関数使用時の注意点

インデックスが1未満またはリスト内の最後の値の数値よりも大きい場合、エラー値”#VALUE!”が返されます。
インデックスに小数部がある場合は、使用される前に切り捨てられ、整数値が対象となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする